【FGO】卑弥呼の評価と運用考察

オーバーチャージ段階UP付与付き火力サポート宝具

バスターUPクリティカルUPオーバーチャージ増加ということでとにかく火力アップサポートに特化した宝具になっています。

バスターOC宝具と言えばまずはアーラシュなどを思い出しますが、2段階OCUPはOC礼装の魔性菩薩と同じ効果なので、ニトクリスの即死UPなどにも有効です。

バスタークリティカルアタッカー

宝具だけ見るとサポーターかと思いきや、まるで超人オリオンのようなバスタークリティカルアタッカーです。全スキルが自身のクリティカル攻撃に直結しているので、瞬間火力はかなりのものになりそうです。NP50%チャージも所持しているので宝具で火力UPが容易に行えるのも嬉しいポイントです。

スキル1星出し性能が特に素晴らしく1ターンあたり最大で24個の星を引き出すことが可能になっています。W卑弥呼もしくはそれ以外の星出し性能を持ったクリティカルアタッカーを用意できればコマンドカードの引き関係なしで3ターン全弾クリティカルを狙うことも容易に可能になってきます。昨今のシステム潰しの周回(単体の高HP3ターン連続)であれば頑張ってNPチャージ→単体攻撃宝具ではなくクリティカル周回も主流の選択肢として本格的に確立してくるかもしれません。

サポート、アタッカー両方できるが・・・・

周回能力      
高難易度      

リセマラおすすめ  

バスター火力アップに関しては宝具を合わせてのサポートにはなりますがマーリンに勝るにも劣らないモノがありそうです。ただサポーターとして惜しむらくはNP付与がないことでしょうか。アタッカーとして見てもHPよりのステータスやバスターアタッカーでありながらがB2枚構成であったりと少し物足りない部分があります。しかしこれからのFGOはいわゆるシステムが全く機能しない変則周回(敵が高HP単体メイン)であったり聖杯戦線のような個の強さが求められるコンテンツが増えてきそうです。そういった備えとして1騎いると嬉しいサーヴァントかもしれません。