【FGO】ガラテアの評価と運用考察

マルチロールな

単体Aバーサーカー

ガラテアの性能と考察

クラス 星5バーサーカー
召喚恒常
タイプ単体Artsアタッカー
MAX ATK11414
MAX HP14040
コマンド
属性地・混沌・中庸・女

ガラテアの宝具

理想を刻する王の鑿
1自身の宝具威力(20~40%)をアップ(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉
2敵単体に超強力な攻撃(9hit)[Lv.1~5]
3チャージを減らす

システムによる宝具連射も視野に入る

敵が狂や殺の場合などはプラスαでなにか足さないと流石に厳しそうですが大抵の場合は宝具の9ヒットということでシステムによる宝具連射も狙えそうです。威力アップ3tは連射タイプの宝具と相性が良く火力も期待できます。チャージ減+連射で相手の宝具を完封する運用もあり高難易度でも活躍できそうです。

ガラテアの所持スキル


ピグマリオンの愛 EX
ct~6
自身のArtsカード性能(~30%)をアップ(3T)
自身のBusterカード性能(~30%)をアップ(3T)
強化解除耐性をアップ(3T)
&NP(~20%)を増やす

彫像の乙女 A
ct~6
自身にガッツ状態(~3000)(1回・3ターン・他のガッツ状態と重複可能)を付与
&防御力(~100%)を大アップ(2回・3T)

アフロディーテの恩恵 EX
ct~7
自身に「毎ターン味方全体のHP(~2000)を回復
弱体状態を解除する状態」を付与(3T)
※数値はスキルレベル最大時

バーサーカーでありながら耐久面も高い汎用性

強化解除耐性、全体に弱体解除と高難易度御用達のスキルを所持しておりその効果も共に3T持続と心強い性能です。加えて防御アップの倍率がかなり高く大幅にダメージを抑え込んでくれます。HP回復&ガッツ持ちなのでバーサーカーといえどかなり耐えるなんちゃってクーフリンオルタのような運用もできるかもしれません。

スキル1のNPチャージとArtsバフが被ってしまっているのがシステムを考える上でやや惜しい感じがします。全体弱体解除に関しては味方ターン後に発動するので、敵ターンに付与される状態異常をそのターンのうちに解除できません。したがって魅了などのスタン系など厄介な弱体異常であっても1ターンは弱体状態である点に要注意です。

ガラテアの総合評価

周回能力      
高難易度      

リセマラおすすめ  

Arts時代単体バーサーカーの選択肢

ArtsアタッカーでありながらB3枚などややかみ合ってない部分もありますが、キャストリアシステム化にてかなり扱いやすく、さらにバーサーカーならでは汎用性の高さがウリです。恒常ではありますがArt単体アタッカーに飢えている方は狙ってみてもいいかもしれません。