5万以下でもOK!あなたのパソコンの価格高すぎませんか?

スポンサーリンク
  • 色々あるけど違いがよくわからない
  • 値段が高すぎるけどこれじゃきゃダメなの?
  • 中古でもいいのかな

 日進月歩の勢いで常に進化し続けているのがパソコンのスペックなのですが、いざ高い物を買ってもそのスペックは必ずしもあなたに必要なものではないかもしれません。そこで迷った時の確認事項として簡単なポイントを自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

自分の目的に合ったスペックを選ぼう

 あなたがパソコンを買ってやりたい事はなんですか? インターネットやゲームはもちろん動画制作や音楽制作など、やろうと思えばなんでもできるのがパソコンです。最近のパソコンは特に性能が向上しいわゆるエントリーモデルでも十分な才能を持ち合わせていることが多くなりました。

それでも例えば最先端のCGを扱おうとすると、最先端のいわゆるハイエンドモデルが必要な場合もあるかもしれません。 あなたの目的に合ったスペックを確認しておくとパソコン選びはより円滑に進むでしょう。

BTOパソコンサイトでパーツを選びながら価格を見積もってみよう

BTOパソコンサイトとはパソコンを構成しているパーツを自分で選択して購入できるサイトです。主にドスパラマウスコンピューターなど 他にも様々なショップサイトが存在します。見積もるだけなら無料なので実際にサイトでパーツを選んでどの部分が値段がかかるのかなどを確認してみると より自分好みのパソコン像が見えてくると思います。

どのパーツよりもまずはCPUの世代に注目してみてください。
「CPUの世代=PCの寿命」と言っても過言ではないポイントだからです。 
最近の具体的な例を挙げるとインテル社のCoffeeLakeAMD社のRyzenと呼ばれているのがCPUの世代の名称になります。
可能な限り購入時の最新の世代のCPUをチョイスしておきたいところです。

オールインワンタイプではなくPC単体で購入したい

特に何も知識が無い、あるいは面倒くさいという方はメーカーの用意したティスプレイ、マウス、キーボードなど全て込みの「オールインワンタイプ」が好まれるかもしれませんが、正直やめた方がいいです。
なぜならこのいわゆるパソコンの周辺機器と言われるものは、初心者の方でも自分で簡単に選んで揃える事が可能な機器であり自分の好みを反映しやすい部分でもあるからです。

オールインワンタイプはいわゆる「抱き合わせ販売」であり メーカーの都合のいい製品を入れているモノなのでコスパが悪いことが多いです。もしあなたがコスパ重視でなかったとしてもAmazonや価格コムなどで新しい一番の売れ筋や人気が高いものを選んだ方がきっと性能面でも満足できると思います。
 ですので僕はできるだけPC単体で購入する事をお薦めします。

PC単体とは言いましたがOSのWindows10がインストールされてないPC単体も存在するので必ずインストール済みのものを選びましょう。

パソコンの中古品は玄人向け

いざパソコンを買おうといろいろ見ているうちに、その値段に少々うんざりされてしまうかもしれません。決して安いものではありませんからね。

そうして調べていくうちに「中古のパソコン」に興味が沸かれた方もいらっしゃると思います。
確かに安いもので下は1万円を切っているものも見受けられます。それに初心者の方には「入門でやってみるからとにかく安いものがいい」という考えがあってもおかしくはないと思います。

しかし、その安く済ませたいという願望がかえって出費がかさむ、もしくはその全てが無駄な出費になりかねないという、中古のパソコンの危険性があるということを覚えておいてください。

これには非常に様々な要因が多すぎてここでは割愛しますが、少し大袈裟な言い方をすれば「昔のブラウン管のテレビでは地デジが見えないので、地デジチューナーを買って4:3のアナログテレビで見る」みたいな感じです。とっくの昔にメーカーの保証が終わってしまっていて、何があっても自己責任という状態ですね。

もちろんメーカー保証はなくても販売店が保証している中古パソコンはありますが、それは古くても1世代前の比較的新しいモデルのものが主になっています。ですがパソコンの性能とはたとえ1世代前だとしても急激に進化している場合もあり、初心者の方にはあまりお薦めできるものではありません。

中古のパソコンはそのスペックを一目で見て「何ができて何ができないのか」を判断できる人でなければリスクが高いと言わざるを得ません。

最近の中古パソコン でありがちなのは、パソコンの記憶媒体がSSDではなくHDDであるという点です。パソコンのパーツの中で近年で一番進化した要素かもしれません。もちろん自分で後からSSDにすることは可能ですがやはり初心者の方にはお薦めできません。

まとめ

  • BTOパソコンで性能を厳選するのがおすすめ
  • オールインワンではなくPC本体のみを購入したい
  • 安易に中古に手を出すのは危険

どんなに性能が高く高価なものを買ってもいずれ買い替えるのがパソコンです。 それを忘れないように無理のない選択をしておきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました